2019年 あかしあ台防災訓練 2019.9.29

   あかしあ台自治会の防災訓練は、毎年、行われています。

   2019年の防災訓練は、9月29日(日)におこなわれ、その概要は次のとおりです。

   当日は、広報車による訓練災害発生アナウンスをきっかけに、班長による住民の安否確認訓練が実施され、その後、避難場所に指定さ

 れているあかしあ台小学校に移動し、避難所運営訓練が実施されました。

  10時20分からは、あかしあ台小学校体育館において三田市防災インストラクターの防災講話をお聞きしました。

   昨今、台風や大雨などによる自然災害が多く発生していることもあり、多数の方が参加され、あかしあ台小学校体育館に用意された席

 はほぼ満席となり、終始、熱心に講師の話に耳を傾けていました。

   講話のあとは、いくつかのグループに分かれて、グランドで複数の訓練を体験しました。

   具体的には、①心肺蘇生訓練 ②初期消火訓練 ③防災備品展示④炊き出し訓練の4種類が実施されました。

   ①心肺蘇生訓練では、指導員として三田市消防署のみなさんが参加され、とてもわかりやすく、また的確な指導を頂いたことで、今回

 の訓練で、有事の際の対応方法をしっかりと学ぶことができ、大変有意義なイベントとなりました。

   ②初期消火訓練や④炊き出し訓練は、あかしあ台自治会自主防災会のみなさんが中心となって消火指導や各家庭で常備すべき食糧等の

紹介をして頂き、大変勉強になりました。

  参加された方からは、今日の体験を忘れず、普段から災害時のことを意識して、事前の備えをしっかりとしていきたいとの声を頂きま

 した。